平成の始めから約15年間販売した、JR米原駅の立ち食いうどん

平成の始めごろ、新幹線米原駅旧待合室のうどんコーナーで、約15年間採用されていたうどんだし。
新幹線米原駅旧待合室の改装に伴い業務の簡素化が必要とされ、弊社にうどんだしの商品開発依頼がありました。

先代社長の学生時代の同級生が、米原駅の駅長に就任されたのが、そもそものご縁です。
当時学生だった弊社社長の清水は、従兄弟である清金醤油店の社長と担当者様と打ち合わせを重ねました。

改装前の立ち食いうどんのつゆは、狭い厨房の中で鰹節と昆布を使い、毎日だしを取っていました。
このだしの取り方には専門的な技術が必要であり、だし担当の人にしか作ることができない業務とされていました。

これを見かねた担当者様が、
「誰でも簡単に美味しいうどんだしを作れるようにしたい」という希望を胸に弊社に声をかけていただきました。

ここから試行錯誤の毎日。
これまでの美味しいだしと同じ味にすべく、なんども試作・試食の繰り返し。

作り出してから約3ヶ月を経て。ようやく全員が納得のいく美味しいだしの完成!
業務用として納品が始まりました。

通算10万杯以上販売した、滋賀の名物商品へ

立ち食いうどんは、毎日約200杯、多い時には1,000杯以上の売れ行き。
一日2回の定期配達を毎日行い、約15年間続けました。
通算で10万杯以上販売された、滋賀の名物へと登りつめたのです。
この商品開発は、セイキン商事の青春をかけた事業となりました。

このうどんだしがベースとなり、なべつゆや焼肉のたれ、ポン酢などの商品開発を行ないました。

「秘味通 うどんだし」商品ページへ  「近江・駅うどん」商品ページへ

関連記事

  1. 【プレゼント企画】びわこの夕日と一緒に写真を撮ろう!キャンペーン

    2019.08.23

    【プレゼント企画】びわこの夕日と一緒に写真を撮ろう!キャンペーン

    ★プレゼント企画★琵琶湖の夕日と、セイキンショップオリジナル商品「びわこ夕日ソフト(税込350円…

    【プレゼント企画】びわこの夕日と一緒に写真を撮ろう!キャンペーン
  2. もっと多くの方に、長浜の“ええもん”を知ってもらいたい

    2019.06.6

    もっと多くの方に、長浜の“ええもん”を知ってもらいたい

    2018年12月1日、長浜駅近くにアンテナショップをオープンご縁があって借りることとなった長浜駅…

    もっと多くの方に、長浜の“ええもん”を知ってもらいたい
  3. 昭和42年創業のUSコーヒーショップ

    2018.07.24

    昭和42年創業のUSコーヒーショップ

    現在も滋賀県長浜市内で営業を続けるコーヒーショップ「USコーヒーショップ」。コーヒー…

    昭和42年創業のUSコーヒーショップ
  4. せんべいよりうまい「まんべい」

    2018.07.24

    せんべいよりうまい「まんべい」

    せんべいよりうまい「まんべい」。この名前は弊社創業の社長がみせた渾身のユーモアです。商品名も…

    せんべいよりうまい「まんべい」
PAGE TOP